5月 地域の行事など

スマートホンでは下記の行事一覧表を左右にスクロールしてご覧ください。

22日(日) びしゃもん通り「小さなまつり」  
23日(月)  南魚選対会議  
24日 (火)  
25日(水)   第3回大和支部選対会議
          監査 例月出納検査   ウラコウ田植え
26日 (木)   JA総代会
  
27日 (金)    議会運営委員会   クラブ会
28日 (土)  毘沙門堂「弁天池」清掃
29日 (日)   県知事投票日   黒沢道草刈

新潟県知事は、花角現知事だ!

 5月12日告示され選挙戦がスタートする。新潟県発展のためには、花角現知事から3期・4期と担ってともらうことが大切だ。2期目・今回の選挙は通過点だ。4年前、女性問題で突然の知事辞任で、混乱する県政を引き継いだ。県財政を立て直し、新型コロナウイルスにも立ち向かった。30市町村に寄り添い・首長との対話を通して県の政策を推し進める。その人柄は温厚で偉ぶらない「県民党」と言われる所以である。しかし、佐渡金山の世界遺産国内推薦を政府が見送る検討をしていた時に、花角知事は毅然とした熱き態度で訴える。あんなに強い口調で話す知事を見たのは初めてだと国会議員は話す。官僚時代、二階運輸大臣の秘書官を務め、退官後も指導いただき霞ヶ関や中央にも太いパイプを持つ。                        
 花角知事は「県民の安全・安心」が第一を掲げる。柏崎・刈羽原発は3つの検証の結果が出るまでは再稼働の議論はしない。そして、原発に依存しない社会を目指すと言っている。新人の片桐奈保美氏は、原発 ”再稼働させない” 脱原発が中心での戦いだ。ある人が私に、県知事になろうという人が「脱原発」だけではおかしいねの発言に納得する。
  投票日は5月29日。棄権することなく投票しましょう。期日前投票に行きましょう。

関常幸の重点施策

待ったなしの”人口減少問題”
初心に返り、おごることなく活動いたします。
「みんなが笑顔で安心のまち」目指し、重点施策に取り組みます。

詳しくはこちらから

活動日誌






常さんノート






南魚沼市ウェブサイト
南魚沼市*大和観光協会
南魚沼いいものガイド
PAGE TOP